自分を傷つけるのが辞められないのなら【専門家に相談するのが得策】

サイトメニュー

女性

心療内科を受診してみよう

自分を傷つける行為をしてしまうのは、心が悲鳴を上げ、限界を感じているからなのです。心療内科や精神科はまったく敷居の高い病院ではありません。むしろ他の科の病院よりどこかリラックスできるかもしれません。安心して受診してください。

悩む男性

若い世代に多い

自分を傷つける人は増えています。特に若い世代に多いとされています。実際に治療を受ける際は専門クリニックを見つけていくことがとても大事です。専門クリニックであれば、適切な治療を患者さんに合わせて行っています。

聴診器

孤独やストレスなどが原因

自分を傷つける行為は、爪噛みや髪の毛を抜く、リストカットやレッグカット、煙草の火を体に焼き付けるなどがあります。精神的なストレスや不安感、孤独などが原因でやめたくてもやめられず、悩んでいる人が増えています。

女性

痛みによって心を保つ

自分を傷つける行為の中には、苦痛を取り除きたい気持ちの中で、快感を求め行為に走る場合もあります。うつ状態の中には、存在感を再認識するために、自分を傷つける場合もあるのです。医療機関へは、回復後の目的を持って足を運ぶのも良いでしょう。

自傷行為の一般的な方法

女性

特徴を知って早めの対策を

自分を傷つける行為のことを自傷行為と呼び、一般的な方法にはリストカットがあります。皮膚に傷をつけるので痛いはずですが、それ以上に大きな精神的ショックを抱えていると痛みをほとんど感じなかったりします。自分を傷つける引き金となる原因の多くが人間関係で、恥ずかしさや悔しさなどが根底にあることが多いです。いずれにしても精神的に大きな負担を抱えている状態ですから、精神科・心療内科で検査を受けるのが得策でしょう。何も対策をしないと自傷行為を何度も繰り返して、傷跡を消すのが難しくなってきます。大人になってから後悔する方は非常に多いので、いかに早くやめるかがポイントになります。抜毛症もリストカットと同様に自分を傷つける行為だと考えてよいでしょう。こちらは皮膚に傷をつけるほど深刻ではありませんが、髪の毛がどんどん減っていくので別の意味でやっかいです。発毛してくるペースよりも抜くペースのほうが早いと、頭部がツルツルになることもあります。無意識のうちに髪の毛を抜いてしまう方も大きなストレスを抱えている可能性があります。自傷行為をする方の多くは他人に助けを求めることが苦手ですが、勇気を持って信頼できる人に話してみることです。信頼できる人がいなければ精神科・心療内科に相談するのが確実です。10代〜20代の若者時代は自分を傷つける行為に走ってしまう方が少なくありません。自傷行為の特徴は繰り返し行われることで、それにより精神的な辛さを一時的に和らげているわけです。特に自分に対して価値がないと考えている人は、自分を傷つけやすいことがわかっています。自傷行為を繰り返す人は精神疾患を抱えていることが多く、うつ病や統合失調症・摂食障害などを患っているケースが目立ちます。心身の状態が健全なときは行なわれないため、心のサインだと考えてよいでしょう。自分を傷つける人は他人を責めることはあまりせず、自分を追い詰めてしまうのが特徴です。すべて自分が悪いと考えてしまうのが特徴で、ネガティブな感情に支配されています。そしてネガティブをかき消すために再び自分を傷つけるという悪循環になるわけです。一般的に自傷行為をする人は責任感が強く、完璧主義者が多いと言われています。周りにも自分に対しても融通性のきかないところがあり、物事がうまくいかないとリストカットや抜け毛などをするわけです。自分を傷つけることで心が楽になって、リラックスできるという方もいます。しかし傷つけた身体を元に戻すには時間がかかりますし、完全には元に戻らないこともあるでしょう。自分で自傷行為だと認識した場合は、専門家に相談するのが得策です。

人気記事

聴診器

孤独やストレスなどが原因

自分を傷つける行為は、爪噛みや髪の毛を抜く、リストカットやレッグカット、煙草の火を体に焼き付けるなどがあります。精神的なストレスや不安感、孤独などが原因でやめたくてもやめられず、悩んでいる人が増えています。

女性

痛みによって心を保つ

自分を傷つける行為の中には、苦痛を取り除きたい気持ちの中で、快感を求め行為に走る場合もあります。うつ状態の中には、存在感を再認識するために、自分を傷つける場合もあるのです。医療機関へは、回復後の目的を持って足を運ぶのも良いでしょう。