自分を傷つけるのが辞められないのなら【専門家に相談するのが得策】

サイトメニュー

痛みによって心を保つ

女性

健全者が見えない視点

第三者から見れば、自分を傷つける行為は、痛みが生じるものであり、理解し難い内容かと思われるかもしれません。人の苦痛は、体の痛みよりも、心の苦しみの方が重たい場合もあるでしょう。自分を傷つける行為の中には、違った刺激を求める中で、自分を傷つけてしまう場合もあるのです。競馬などは、馬の気力を高めるために、鞭を打つ場合もあるはずです。自分を傷つける行為を行う人の多くは、心が不安定であり、うつに近い症状を引き起こしている場合がほとんどでしょう。自分を傷つけ、痛みが生じる場合は、生命の危機だと判断する中で、意識が高まる場合もあります。その瞬間に、心の中では快感が生じ、一時的に、心が安定化する場合もあるのです。うつ状態は、自身の存在感を見失っている場合もあります。自分に刺激を与え、強い傷みによって、自分の存在感を再認識させる力が働いている場合もあるのです。自分を傷つける行為の中には、リストカットなどによって、流血してしまう様な内容などもあるでしょう。ネガティブな心を吐き出したい気持ちは、流血によって代理的に心が満たされる場合もあるのです。潜在的に言えば、傷つける行為は、快感を求める中での行為であり、心を安定化させたい気持ちが背景に隠されています。対処方法としては、自分を傷つける以外の、楽しめる方法を見つけるのも大切です。自分を傷つける行為は、生涯に渡って、傷跡が残ってしまうかもしれません。それは、身体の苦痛では無く、後悔する様な心の苦痛へと変わってしまうでしょう。心療内科や精神科などは、1度も足を運んだことがない人も多く、イメージがつかめない中で心が不安になる場合もあるはずです。心の不安は、マイナスな気持ちをさらに背負う様な物であり、病院に行く事すら浮かんでこないかもしれません。心療内科や精神科などは、心の安定化を心がけています。自分を傷つける行為における苦痛からの心の安定は、もちろん快感が生じるものであり、その存在に喜びやありがたみを覚えるでしょう。自分を傷つける人の多くは、閉鎖的な環境の中で、井の中の蛙の様に視野が狭まっている場合もあります。医療機関に足を運ぶ際は、心が回復すれば、視野を広げるために、何かしらの行動を起こす目的を持つのも良いでしょう。例えば、近くにあるケーキ屋のケーキを食べるなどでも構いません。心構えの準備は、心の回復にも影響与え、今後の治療内容に影響与える場合もあります。心療内科や精神科は、性質上、内科などと違い、一人当たりの診断時間が長くかかる場合もあります。そのため、必ず予約をして足を運ぶ事と、余裕のある時間を持つのも大切です。