自分を傷つけるのが辞められないのなら【専門家に相談するのが得策】

サイトメニュー

心療内科を受診してみよう

女性

イライラして体を傷つける

今日あった出来事、過去にあった嫌な出来事がフラッシュバックしまって気持ちがムシャクシャしたときはどのようにストレスを発散させていますでしょうか。嫌なことがあったとき、気持ちをうまく切り替えられればいいのですが、人の気持ちはそんなに単純にはできていません。「負の感情」を毎日積み重ねていくと人は心身を病みます。そして自分を傷つける行為に走ります。イライラした感情を声に出しながら手の甲や腕をつねったり引っかいたりします。しかしそれでは気持ちは収まりません。自分を傷つける行為をしたときは、心療内科や精神科を受診してください。全然怖いところではありませんよ。保険が適用されるので、費用として3割負担で大体1200円〜1500円くらいになります。(もちろん病院により金額は違います)不安でしたら病院に電話をしたり、直接病院に出向いて窓口でお尋ねしたりしてみてもいいかもしれません。心療内科や精神科は通院による公的支援を受けて1割負担で受診できることがあります。これには条件がありますが、もしそれでも受診費用について不安があるなら、通院を希望される病院に相談された方がよいです。お金のことで、自分のつらい気持ちを我慢することは一切必要ないのです。自分を傷つけることで心療内科や精神科を受診するということは、もしかすると何回か通院する必要があるかもしれません。だとしたら家から近かったり、学校や職場の近くなど通いやすい場所にあるところがおすすめです。検索エンジンで「地名」と「心療内科」または「精神科」を検索すると、いくつか候補は出てくるでしょう。(地域によって差はだいぶありますが)まず病院のホームページを拝見し、なんとなくよさそうだなと直感的に思えたところが良いでしょう。病院の外観、内観や医師の顔写真やコメントから判断しましょう。相性の良い病院や医者は、写真を見ているだけでどこかホッとするような感覚が湧いてきます。心療内科や精神科の初診は予約が必要ですので、予約の電話を入れましょう。そのときに対応してくれた人の話の感じが良ければ、そこは安心できる病院なのかもしれません。予約を入れた当日や翌日にすぐ空きがあるとは限りません。1週間後、1カ月後あるいはもっと先にしか予約が空いてないこともあります。そう言われたら「自分を傷つける行為をしてしまって、しんどい状況にある」ことを伝えましょう。優先的に入れることもありますが、もしだめだった場合、諦めて第二候補の病院に予約する手もあります。