自分を傷つけるのが辞められないのなら【専門家に相談するのが得策】

サイトメニュー

孤独やストレスなどが原因

聴診器

精神疾患の可能性がある

現代社会は学校や職場、家庭などでもストレスを感じていることが多く、爪を噛む、髪の毛やまつ毛などを抜く、リストカットやレッグカットなどの自分を傷つける行為をしてしまう人が増加しています。自分を傷つける行為は、無意識、意識的にしている場合でも自傷行為と言われており、命を経とうとする自殺行為とは違っています。自分を傷つける行為は、死ぬために行っているのではなく、大きなストレスや不安、孤独感などから、繰り返してしまい、やめたくてもやめられない状態になっています。統合失調症は幻覚や妄想などが見られる病気ですが、恐怖感や不安感などから自傷行為をする可能性があります。うつ病や双極性障害などの病気でも、自傷行為をすることがあります。身近な家族が自傷行為をしている場合は、傷が深い場合は死に至ることもあるため、緊急に精神神経科の病院やクリニックを受診させることが大事です。自傷行為は心の痛みを体の痛みに置き換える行為です。中学生や高校生などのお子様の場合は、祖父母や両親などに愛情不足を感じており、不満や孤独などから自傷行為をすることがあります。本人に意識がない場合でも、爪がボロボロになっていたり、髪の毛を抜くのがやめられない場合は、病院やクリニックで診察を差せることが大事です。自分を傷つける行為は、爪噛みやまつ毛を抜くなどの軽い程度のものから、固い物に身体をぶつけたり、煙草の火を体に焼き付ける、リストカットなどがあります。リストカットやレッグリストなどは、体に傷が残ってしまうため、家に引きこもってしまうこともあります。精神神経科の病院やクリニックでは、カウンセリングや診察、問診などに時間を掛けてくれます。自分を傷つける行為は、不安や不満、いらだち、ストレス、孤独などが原因でやめられない人が多いですが、適切な治療を受けることで改善するケースがあります。家族の協力が得られる場合は、なるべく病院やクリニックに付き添ってもらうことが大事です。自分を傷つける自傷行為は、統合失調症や双極性障害、うつ病などの精神疾患が原因の可能性があります。家族が自分を傷つける行為をしている場合は、病院に行くのを嫌がっている場合でも、説得をして受診させることが大事です。自分を傷つける行為をすることで、自分が抱えている不安感やストレスなど発散させています。自傷行為は死ぬのを目的とした行為ではありませんが、リストカットなどは深く体を傷つけてしまうこともあるため、大変危険です。精神神経科の病院やクリニックは、心身の不調を感じている人がリラックスして治療が受けられる環境が整っています。